街の魅力再発見!地元新座のタウン情報サイト【まちれぽ新座】/ジャズって素敵!Monthly JAZZ Selection


TOP > Monthly Jazz Selection > Monthly Jazz Selection

まちれぽ新座Monthly JAZZ Selection

ジャズって、聴き慣れない人には、「難しい」「わかりにくい」といったイメージがあるかもしれませんね。
たとえば、お風呂上がりに1杯のビールを楽しむように、
身構えず自然体でジャズにふれてみませんか。
新座の老舗ジャズ喫茶BUNCAとのコラボでお届けする連載コラム、
おすすめアルバムやアーチストを通して、ジャズの魅力を紹介してまいります。

<お断り>こちらのコラムは、忙しい日々の本業の合間をぬって書いていただいています。従いまして、基本的には“月刊”などのような定期掲載ではなく、不定期に掲載してまいりますことをご承知おきください。

新座市BUNCA

Vol.25【2017年1
中村恭士
「A Lifetime Treasure」
リズムの乱舞!豪快なピアノ
トリオで新年の聴き初め!
本文へLinkIcon

Patrick1.jpg

Vol.26【2017年5
Patrick Cornelius
「Infinite Blue」
若葉薫る初夏にお似合い、
清々しい正統派ハードバップ!
本文へLinkIcon

新座市BUNCA

Vol.23【2016年9
Lionel Hampton
「You Better Know It!!!」
【番外編】夏の名残りの
B級ハッピージャズ祭り!
本文へLinkIcon

新座市BUNCA

Vol.24【2016年11
Tom Harrell
「Something Gold, Something Blue」
秋の夜長に響く
新感覚トランペットサウンド!
本文へLinkIcon

新座市BUNCA

Vol.21【2016年2
Danny Grissett
「The In-Between」
終わりゆく冬、そして春の始まり、
悲哀と躍動!
本文へLinkIcon

新座市BUNCA

Vol.22【2016年6
Kenny Barron
「Book of Intuition」
初夏のそよ風のように、さわやかで
楽しい極上のピアノトリオ
本文へLinkIcon

新座市BUNCA

Vol.19【2015年6
Robert Glasper
「Covered」
鬱陶しい梅雨も楽しくなる、
進化系クラブジャズの頂点!
本文へLinkIcon

新座市BUNCA

Vol.20【2015年9
Charlie Haden &
Gonzalo Rubalcaba
「TOKYO ADAGIO 」
圧倒的な静寂の中から
立ち上がる“平和への祈り”
本文へLinkIcon

まちれぽ新座

Vol.17【2015年3
Marcin Wasliewski Trio
「Spark Of Life」
美しく響き渡るメロディー、
もう少しだけ冬の夜に浸りたい
本文へLinkIcon

新座市BUNCA

Vol.18【2015年4
Mathias Eick
「Mid West」
北国の春〜北欧の若手
トランペットを味わう
本文へLinkIcon

新座市まちれぽ新座

Vol.15【10
Antonio Sanchez
「Three Times Three」
秋の夜長はドラムとともに。
名手たちが彩る圧巻のアルバム!
本文へLinkIcon

まちれぽ新座Bunca

Vol.16【12
Tony Bennett
「Swingin’ Christmas」
とっておきの曲でメリークリスマス
クリスマス・ジャズ特集
本文へLinkIcon

新座市まちれぽ新座

Vol.13【5
Illinois Jacquet
「The Blues ; That's Me!」
男気ジャズテナーを聴いて、
初夏を楽しもう!
本文へLinkIcon

Charlie Haden

Vol.14【7
Charlie Haden
「Last Dance」
心静かに聞きたい
美しい歌の数々。
本文へLinkIcon

新座市まちれぽ新座

Vol.11【3
Antonio Sanchez
「New Life」
風薫る春の息吹。
ほとばしる魂のドラムを聴く
本文へLinkIcon

新座市まちれぽ新座

Vol.12【4
Michel Petrucciani
「情熱のピアニズム」
美しくも儚い桜のように咲き誇り、
ジャズと女に愛されたピアニスト。
本文へLinkIcon

新座市まちれぽ新座

Vol.9【12
Eric Reed
「Reflections of a Grateful Heart」
冬の夜、心静かに聴きたい
ソロピアノ特集
本文へLinkIcon

新座市BUNCA

Vol.10【2014年1
Tom Harrell
「Colors of the Dream」
あったかな部屋で
ぬくぬくとジャズに浸る一枚
本文へLinkIcon

新座市まちれぽ新座

Vol.7【10
Jaleel Shaw
「The Soundtruck of Things to Come」
夏の名残りを惜しみ秋に浸る!
あたたかな心と熱い歌
本文へLinkIcon

新座市BUNCA

Vol.8【11
Willie Jones Ⅲ
「Plays The MaxRoach Songbook」
秋の夜長“しっとり”もいいけれど
たまには活きのいいハードバップ
本文へLinkIcon

新座市まちれぽ新座

Vol.5【8
Miguel Zenon
「Oye!!!」
最新鋭ラテンジャズで
この夏をもっと熱く!
本文へLinkIcon

新座市Bunca

Vol.6【9
Stefano Bollani &
Hamilton De Holanda
「O Que Sera」
残暑を楽しむ!
ラテン系しあわせDUO
本文へLinkIcon

新座市まちれぽ新座

Vol.3【6
Christian McBride
「People Music」
じめじめした梅雨を吹き飛ばそう
現代の正統派ハードバップ。
本文へLinkIcon

新座市Bunca

Vol.4【7
Joan Gilbert
「Live in Tokyo」
ボサノヴァで夏を楽しもう
奇跡づくしのJoan来日アルバム。
本文へLinkIcon

新座市まちれぽ新座

Vol.1【4
Charlie Haden
「Land Of The Sun」
どこまでも優しい音色、新しい
“はじまり”におすすめの1枚。
本文へLinkIcon

新座市Chris Potter  LIft

Vol.2【5
Chris Potter
「Lift」
新緑の季節を彩る、力強く
たくましいテナーサックス。
本文へLinkIcon